GREENable HIRUZEN ブランドサイトがオープンしました

    【 GREENable HIRUZEN 】ブランドサイトがオープンしました。 リンク → GREENable HIRUZEN

    また、移築される【 CLTパビリオン 】の名称を公募しています。 リンク → 隈研吾氏設計監修パビリオン棟の愛称募集


    地方から発信するコミュニティブランド GREENable(グリーナブル)

    真庭市と阪急阪神百貨店は、サステナブルな社会の実現のために、環境省の地域循環共生圏事業をきっかけとして

    行政・地域・ファッション・建築といった多様なプレイヤーと繋がり、新たなブランド「GREENable」を立ち上げました。

    都市から地方への「人の流れ」が生まれつつある現在、地方の豊かな自然環境や歴史性、そういったものにも光が当たりだしています。

    サステナブルの価値をより多くの人に知ってもらうための発信拠点施設「GREENable HIRUZEN(グリーナブルヒルゼン)」が岡山県真庭市蒜山高原につくられます。

    この施設は建築家の隈研吾氏が設計監修した施設で、東京・晴海で一度活用された木造の建物を移築します。


    これまでのコンクリートの建築にはできない、移築可能な建築物は、脱炭素・サステナブルな建築として、

    また、都市と地方との資源・文化の交流を表すものとして、ブランドの象徴となるものです。

    施設は、サステナブルを実践できるグッズを販売するショップ、ミュージアム、サイクリングセンター、そして今回愛称を募集するパビリオン棟から構成されます。

    真庭観光局公式 facebook instagram twitter youtube