醍醐桜

里山の千年桜

    県下一の巨木と伝えられる醍醐桜は、のどかな山里の原風景の中にあって、ただ1本だけ空に向かってそびえ立つ圧倒的な存在感。日本名木百選にも選ばれると同時に、昭和47年12月には岡山県の天然記念物に指定されています。目通り7.1m、根本周囲9.2m、枝張り東西南北20m、樹高18m、種類はアズマヒガン(ヒガンザクラの一種)で、伝説によれば、元弘2年(1,332年)後醍醐天皇が隠岐配流の際、この桜を見て賞賛したといわれ、この名がつきました。樹齢は700年とも、また地元の説では1,000年ともいわれ、この見事な桜に魅せられ毎年満開の季節になると周囲が大渋滞になるほどに多くの花見客で混雑します。

    【ロケ地情報】
    2003年(平成15年)のNHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」。日本を代表する桜としての存在感が脚本家の目に留まり、少年時代の武蔵が宮本村の桜の下で別れた母親を慕い、待ち続けるシーンが撮影されました。

    【見ごろ】4月上旬~中旬
    【ライトアップ】五分咲き以降 日没~21:00
    【醍醐桜まつりオープニング式】3月24日 10:30~
    エリア
    北房・落合
    ジャンル
    花・名木・動植物桜・紅葉の名所
    開催日程
    4月上旬〜中旬
    所在地
    〒719-3157 岡山県真庭市別所2277
    電話番号
    0867-52-1111(真庭市落合振興局)
    駐車場
    第1駐車場35台/第2駐車場70台/第3駐車場30台 有料
    公式HP URL
    https://www.maniwa.or.jp
    備考
    【開花状況について】観光テレフォンサービス TEL.0867-52-1503

    【ご注意】満開を迎えると土日は大変渋滞致します。
    ふもとカタクリ群生地付近の駐車場に車を停車し、大勢坂と呼ばれる山道を徒歩であがると、比較的渋滞にかからず醍醐桜を鑑賞できます。山道は約2kmほどで、一部急な勾配もございます。
    真庭観光局公式 facebook instagram twitter youtube