土居分小菜(どいぶんこな)

江戸時代から栽培が続く菜っ葉

葉は小松菜に似て、やわらかく、辛みがあります。江戸時代から栽培が続く漬け菜。
土居分という集落でつくられてきました。今、その集落はありません(湯原ダムに沈んだ集落です)。
土居分小菜は雪の下でじっと春を待ち、雪解けとともに新しい芽をつけ、花をつけます。菜花がつきはじめたころのほろ苦い土居分小菜も、格別です。
エリア
湯原
ジャンル
産直市場・おみやげ販売コレは外せない、おみやげやっぱりコレ、農産品
真庭観光局公式 facebook instagram twitter youtube